FC2ブログ

鳥取CC.BLOG

ゴルフ場スタッフがときどき更新!☆ドキッドキッ☆

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第20回職域・同好会チーム対抗戦開催!

 11月4日(日)秋晴れの下、日本海ゴルフセンターと共同開催で第20回職域・同好会チーム対抗戦を行いました。
 
 職域部門   7チーム28名 優勝チーム:Near90       223.0(上位3名のネット合計)
 同好会部門17チーム68名 優勝チーム:日本海フレンズRG216.8(上位3名のネット合計)

 今回も5チーム編成でユニフォームもビシッと統一して参戦の「マムシのよっちゃん」チームをご紹介します。
 
マムシのよっちゃん
 
前回、春の対抗戦が準優勝、3位、個人MVP賞を総なめして今回こそは頂点をと意気込んでの参戦でしたが
チョット空回りしたのかチームの結果は5チーム中上位に喰い込んだのは3位、4位までと一歩及ばずでしたが
何と言ってもチームのドン「マムシの吉田先生」が何と何とアウト38 イン36 トータル74で上がられ
いわゆる「エージシュート」を達成されたのです。お見事!先生参りました!
スポンサーサイト

| スタッフ広場 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018クラブチャンピオンは2007年の初制覇から数えて7度目の栄冠!!

PA210194.jpg

2018年クラブ選手権を制したのは通算7度目となる影井一清選手(オフィシャルHC1)です。

2週前の10月7日(日)に予選ラウンド27ホールを終えて影井選手はパー108に対し7オーバーの115ストロークで1位通過。
2位の西村選手と4ストロークのリードでした。そして昨日10月21日(日)の決勝ラウンド27ホールでもパー108に対し9オーバーの119ストロークでトータル232ストローク。続いて予選3位だった柿坂選手と2位の西村選手がトータル248ストロークで同点になったがマーチングスコアカード方式により2位は柿坂選手で3位に西村選手という形で両者に大きく差をつけて影井選手の完全優勝が決定しました。

影井選手といえばこれまで2007年に初めてクラブチャンピオンになるといきなり3連覇し、その後2012年、2013年を連覇するなどして実力者振りをいかんなく発揮していました。2015の勝利から3年振りに今回で7度目のクラブチャンピオンの座を勝ち取りました。またまた輝かしい歴史と共にチャンピオンボードに名を刻みます。おめでとうございます。
優勝の影井選手を挟み左が柿坂選手、右が西村選手
PA210195.jpg

| スタッフ広場 | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018シニア・Gシニア選手権は島岡氏、高垣氏が連覇!!

昨年に続き今年の部門別選手権を制覇したのは
シニアチャンピオン:島岡良二選手(2015.2017に続いて3度目) おめでとうございます。
       
        同2位:田渕隆一選手
        同3位:森本幸久選手

グランドシニアチャンピオン:高垣武志選手(2017に続き2度目) おめでとうございます。

        同2位:大田師久選手
        同3位:星山良夫選手


P9230180.jpg
シニア選手権連覇の島岡氏

P9230179.jpg
Gシニア選手権連覇の高垣氏

P9230181.jpg
成績表をバックにして両氏

| スタッフ広場 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第22回県民ゴルフ大会東部大会

9月20日(木) 第22回県民ゴルフ大会東部大会が当クラブで開催されました。
鳥取県東部、中部地区のゴルファー128名が集い来年の鳥取県ゴルフ選手権の参加資格、その先には中国アマ出場資格、国体代表選手選考会などに通じる登竜門に挑戦しました。

見事、優勝の栄に輝いたのは長尾啓治選手(旭国際所属)で76ストロークでした。
そして鳥取県選手権への出場資格は上位72位まで。91ストロークがカットラインでした。


P9200161.jpg

P9200156.jpg

P9200152.jpg

P9200151.jpg

P9200157.jpg

P9200154.jpg

P9200153.jpg

P9200160.jpg

P9200162.jpg

P9200164.jpg

| スタッフ広場 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018 理事長杯チャンピオン

P8260144.jpg
優勝の柿坂選手をはさんで左が2位の北谷選手(HC15) 右が3位の藤原選手(HC11)

P8260147.jpg
初優勝 柿坂 仁選手(HC9)

平成30年8月26日(日)
2018理事長杯決勝ラウンド27ホールの闘いを制したのは柿坂 仁選手でした。
予選ラウンドでは北谷選手がハンディキャップを味方に2ストロークリードしていた。
決勝の18ホールがすんだ時点ではさらに北谷選手がリードを3ストロークと伸ばして誰もが
このまま北谷選手が逃げ切るのではと予想していたところを最後の9ホールで柿坂選手が猛追して
ついに1ストロークの差で初の理事長杯チャンピオンに輝きました。

| スタッフ広場 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。