FC2ブログ

鳥取CC.BLOG

ゴルフ場スタッフがときどき更新!☆ドキッドキッ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 3.ハザード内での誤球

ハザード内での誤球のプレーに対して罰が課せられます(規則12-2,15-3)


旧規則では、ハザード内で自分の球かどうかを確認するために球を拾い上げることが
認められていなかったので、ハザード内で誤球のプレーをしても罰はありませんでした。

2008年規則ではハザード内の球を確認のために拾い上げることを認めるかわりに、
ハザード内で誤球をプレーした場合には、スルーザグリーンで誤球をプレーした場合と
同様に罰が課せられるように改訂されました。

ただし、ウォーターハザード内の水の中で動いている球については確認のために拾い
上げることができないので、その球をストロークした結果、誤球であったとしても罰はない
との例外規定も新設されました。

【事例】
プレーヤーAがバンカー内の球をストロークしたところ、その球はプレーヤーBの球でした。この場合、
マッチプレーではAの負け、ストロークプレーではAは2打の罰を加え、自分の球を見つけてプレー
しなければなりません。
スポンサーサイト



| ゴルフ規則 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tottoricc.blog5.fc2.com/tb.php/21-b5aafe25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT